2007年08月22日

高校野球がもたらしてくれたもの

20日に甲子園に行ってきました。
阪神電車に乗るのも初、甲子園自体も初めて。
一塁側アルプス席で応援を間近で感じながら観戦。
球場の雰囲気とまわりの臨場感。
そして、プレーに沸きあがる興奮。
熱が入る声援。それに負けじと奏でる楽器。う〜ん青春だね♪♪
内野手の動きが一番リアリティがあった。
砂の上を駆ける音が生で見ている実感を与えてくれた。

九州方面のバスドラドゥングドゥングって感じの応援が気に入った。
やったらめったら体を動かす感じ。
さすが暑い九州、応援も熱い。


高校野球は一応閉幕。
優勝は佐賀北。ご存知開幕試合で福商に勝ったとこです(笑)
まずは、優勝おめでとうございます。
実は、準々決勝前ぐらいからこのまま勢いで行くんではと思ってたり。
だって、やっぱり再試合制したのは大きいのと勢いかな。
勢いなら広陵も負けてない。駒苫破ったし、常葉も倒したし。
まともに帝京戦しか見てないのだけど、なんかのびのび。
監督も謙虚で選手に任せて生き生きしているのが印象的だった。

決勝戦はチラリと見た段階で4−0このまま広陵の勝ちだなと思ってた。
でも、バイトにいってびっくり。
逆転満塁HR。まさかまさかありえない・・・。
甲子園に魔物がすむって毎回聞くセリフだけど今回一番感じた。
ストライクの判定論議もあるみたいだけど、仕方ないことだと思う。
そんなこといっててもきりないし。いさぎよさが大切さ。

私立じゃない高校が優勝するのも13年ぶりらしい。しかも全回も佐賀県。
そりゃいろいろ制限されるからね・・・。
部活時代を思い出すわ。ちなみに県立高校の吹奏楽部員でした。
19時ごろまでで、よっぽど大会前じゃないと9時ごろまでやれなかった。
私立なら授業より練習を優先させたり、夜中まで練習したり。

普通の高校生でもやればできるんだというところを示したんでは。
そういう意味では、野球に限らず多くの高校生に勇気を与えたと思う。
私が高校生だとしても、絶対それを感じ取れたはず。

あきらめるなんてもったいない。
地道にやってれば道は開けるんだ。
自分次第でなんとでもなる。
ようは努力するかしないかの差だ。

大人な高校球児の姿を見つつそんなことを考えさせられました。
posted by ぴー at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。